初めての駐車場契約の方法!

契約に絶対に必要な4つのもの!

賃貸の駐車場契約に絶対に必要なものが4つあります。
それは「免許証のコピー」「車検証のコピー」「印鑑」そして「敷金」です。
それぞれについて詳しく見ていきましょう。
まずは「免許証のコピー」。
これは納得ですよね。
身分証明書です。
車を持っているのならば必ず持っているはずですのでコピーを取っておきましょう。

次に「車検証のコピー」。
車検証がどこにいったかわからない、といった方はすぐに探し出しましょう。
車検証に載っている情報によって車のサイズなどを相手方は確認します。
契約に必須な書類です。

そして「印鑑」です。
不動産会社や駐車場のオーナーによっては即日契約といったフットワークが軽い方もおります。
印鑑も準備しておいて損はなしです。

最後に「敷金」です。
大体賃料の2か月分くらいが相場でしょうか。
「急な出費で出せない!」とならないようにしましょう。

更に求められることもあるもの

審査の厳しい不動産会社などではさらにその他の書類が求められることもあります。
いくつか確認しておきましょう。

「住民票」
免許証よりもさらに強い身分証明書となります。
事前に管理会社に確認し、住民票が必要な場合はこれを取りに行く時間を考えておきましょう。

「印鑑証明」
厳しい審査の場合印鑑証明が求められる場合があります。
これも市役所での手続きが必要なので事前に調べて取っておきましょう。

「連帯保証人の身分証明書」
連帯保証人が必要な場合もあります。
その場合連帯保証人の身分証明書も必要になってきますので、事前にコピーなどで用意しておきましょう。

「車の任意保険証のコピー」
車の任意保険に加入しているかどうかを確認する場合もあります。
任意保険にしっかりと加入している場合は、コピーをとって提出しましょう。


この記事をシェアする